ナカモトサトシ

ナカモトサトシとは、ビットコインの生みの親と言われている人物です。2008年に電子通貨ビットコインに関する論文を発表し始め、2009年にビットコインのソフトウェアをネット上に発表し、ビットコインの最初の発掘を行い運用が開始されました。当該人物の正体は不明であり、日本人かどうかも定かではありません(論文に日本語のものがないため、日本人ではないという意見もあります)。

公式には漢字表記は存在しないものの、一部では中本哲史という表記がなされることがあります。

また、ナカモト氏は約100万ビットコインを所有していると推測されています。これは1BTC=80万円とすると8000億円に相当します。

正体に関しては様々なうわさや報道がなされていますが、現段階において決定的なものはありません。オーストラリアの起業家、クレイグ・ライト氏が自分がナカモトである、と名乗り出て、その証拠として本物のナカモトしか知り得ないはずの暗号キーを使って電子署名をしましたが、本物に近い人物であることは事実だが本物かどうかは疑問もある、といった意見も根強く残っています。

コメントは受け付けていません。