100万円

ビットコイン/円のレートはとりあえず100万円がポイントということになりそうですね。ドルでは1万ドルといったところでしょうか。もちろん、1ドル100円ではないので、両者には多少の差異が生じますが、大体100万円や1万ドルという数値はビットコインにおいてよく出てくる数値ということになるでしょう。

今書いている段階では100万円を割り込んで推移しているビットコインですが、去年末から今年の頭にかけて『2018年末にダウの3万ドル、日経平均の3万円、ビットコインの3万ドルも』といったくくりで話されることもあったわけですが、今となっては夢のまた夢といった雰囲気も感じられるとこです。

個人的にはそこまで悲観することもないかと思いますが、楽観もしにくいところというのが現状の感想です。値動きが荒く、チャート分析が少しやりにくいところではあるのですが、まだ下値はあるのではないかとみています。直近の安値で支えられるといった動きが出てくるまではなかなか買い進みにくいといったところでしょう。

逆に言えば、直近の安値で支えられるといった動きが出てくれば持ち直すのではないかとみています。そして、タイミング的にはそう遠くない段階でそういった局面は来るのではないかとみています。

問題は米株の動向ではないかとにらんでいます。米株の急落局面などではつれ安する可能性が高いとみています。それは、余剰資金の引き上げといった側面から、かなりの程度仮想通貨は株式市場などとリンクしているのではないかとみています。米株に関してはまだ調整売りが出る可能性が高いとみており、その動きをこなした後が仮想通貨の持ち直しのタイミングとなるのかな?と考えています。

コメントは受け付けていません。