金融庁が複数の仮想通貨取引所を一斉処分?

金融庁が複数の仮想通貨取引所を一斉処分といった報道が流れています。これは金融庁の登録が済んでいないみなし業者の一部に業務停止命令を、コインチェック社には2度目の業務改善命令を出す方向で検討しているとのことです。

これはコインチェック社のネムの流出が直接の引き金となったことは間違いないでしょうし、これからも金融庁の立ち入り検査は今後も続くものと思われます。となればさらに行政処分が行われることも考えられるでしょう。

登録会社であってもGMOコインやZaifにも業務改善命令が検討されているとのことで、金融庁としても投資家保護を前面に打ち出して対応していく姿勢を強めています。

ただ、こういった動きはやり過ぎない限りは悪いことではありません。金融庁からお墨付きがあればいいというものでもありませんが、ないよりはあったほうが良いでしょう。やはりある程度こういった規制の動きが入ることはやむをえませんし、投資家としても多少は安心できるのではないでしょうか。

これがFXのようにレバレッジを10倍にしろなどといったがんじがらめの規制の動きとならなければ、と願っているところではあります。

コメントは受け付けていません。