また上がりだしたが・・・

ここにきて仮想通貨が上昇といった展開となっていますね。要因はいくつかあるのでしょうけど、著名投資家が仮想通貨取引に参入といったニュースなどは注目されているものの一つと言えるかもしれません。

その中でジョージソロス氏は自身の投資ファンドがビットコインを支払い手段として受けつけた最初の大手企業、オーバーストック・ドット・コムの第3の筆頭株主になったというニュースが入っています。これに関しては今後どういった動きを取るのかは定かではないものの、興味深い状況にあることは事実です。

ソロス氏は1月の段階でデジタル通貨は割高といった発言をしていますが、そこからの急落により、そういった考えは今では持っていない可能性はあります。そもそもソロス氏はポンド売りで名を上げた人物であり、高いのであれば売れば良いということになるのですが、ソロス氏とすれば仮想通貨は投資する環境に無かったのかもしれません。

つまり、たとえどれほど儲かるとしても、その利益がしっかりと確保できなければ意味がありません。ソロス氏からすればそこに懸念を抱いていたのではないでしょうか。そして、そこにある程度の改善が見られたため参入を検討しているのではないか、といった話が出ているわけです。

これに関しては実際にソロス氏がどういった考えで今後仮想通貨に向き合うのかがはっきりしないため、想像の域を出ません。ただ、著名投資家が仮想通貨に対して前向きな姿勢を見せれば、仮想通貨に対するイメージも変わっていくでしょうし、価格に対する影響力も無視できないものとなるのではないかと思われます。

コメントは受け付けていません。