日足のポイント

昨日のビットコインの急落により、対ドルで節目と思われる6400ドルを意識しての動きとなってしまっています。この価格帯は日足のボリンジャーバンドの中心線にあたります。この水準をはっきり割り込んだ場合はバンドの下限まで下落する可能性が高まるだけに、予断を許さない状況と言えそうです。

ちなみにバンドの下限まで下落ということになると、年初来の安値更新が視野に入ります。バンドの上下限中心線はほぼ横ばいであり、流れとしてはレンジ圏での動きが意識されやすいのではないかとみていますが、ひげで年初来安値を更新などということは十分考えられるところであり、その点は警戒しておいたほうが良さそうです。

また、週足ではバンドの上下限中心線が下落しており、トレンドそのものが下向きです。中長期的に見れば年初来安値を更新しても全くおかしくない状況であり、その点が気になるところではあります。

コメントは受け付けていません。